※本サイトの記事にはPR情報が含まれます。

【医師監修】はげはセルフ対策できる?薄毛の特徴やはげの進行を遅らせる方法を解説

「はげ」の原因は、生活習慣の乱れやストレス・ホルモンバランスの崩れなどさまざまです。進行を遅らせるためには、薄毛の特徴や原因を知り、正しい対策が必要です。

そこで今回は、はげのセルフ対策や原因、薄毛に関するよくある質問を解説します。

この記事を読めば、はげの原因や対策方法を理解できます。はげに悩んでいる方や対策方法を知りたい方はぜひ参考にしてください。

  • ・当記事は記事作成時点での情報を基に掲載しております。
    キャンペーン及び料金内容は変更や終了する可能性が有りますので、最新情報は各機関公式サイトにてご確認ください。
  • ・掲載クリニックや医薬品・医薬部外品・化粧品について編集部による調査により独自に推薦させていただきました。
  • ・記事記載の効果効能や痛みには個人差があり保証するものではありません。
  • ・クリニック選定やまとめなどは編集部独自の視点で執筆しております。

自由診療治療につきましては健康保険などの公的医療保険が全く使えないため、治療費が高くなります。
また一部の自由診療については医療費控除の対象となる診療もございますがAGA治療においては容姿を美化し、容ぼうを変えるなどの目的要素が強いため医療費控除の対象外になります。

参考:確定申告の基礎知識(freee医療費控除ヘルプ)より

この記事の監修者

青山メディカルクリニック
院長 松澤 宗範

URL:https://amclinic.tokyo/

■診療科:再生医療、形成外科、美容外科、美容皮膚科

■経歴
2014年 近畿大学医学部 卒業
2014年 慶應義塾大学病院初期研修
2016年 慶應義塾大学病院形成外科入局
2016年 佐野厚生総合病院形成外科
2017年 横浜市立市民病院形成外科
2018年 埼玉医科総合医療センター形成外科・美容外科
2019年 銀座美容外科クリニック 新宿院院長
2020年 青山メディカルクリニック院長

■資格・所属学会
・国際抗老化再生医療学会
・日本抗加齢医学会
・日本形成外科学会
・日本性機能学会
・日本アンチエイジング外科学会
・日本細胞外小胞学会​
・日本がん免疫学会
・日本免疫治療学会
・日本NKT細胞標的治療研究会​
・点滴療法研究会
・遅延型フードアレルギーと過敏症研究会
・日本コロイドヨード研究会
・日本医学脱毛学会

この記事でわかること!

はげの進行を抑えよう!自分でできる5つのはげ対策

自分でできるはげ対策は主に5つで以下のとおりです。

  • 食生活を見直す
  • 上質な睡眠時間の確保
  • 心身ともにストレスを発散
  • 頭皮環境を改善
  • 発毛剤や育毛剤の使用

食生活を見直す

食生活見直せば、はげの進行を遅らせられる場合があります。髪の主成分となるタンパク質やミネラル・ビタミンなどをバランスよく取り入れた食事がおすすめです。

高カロリーな食事や脂の多い食事が多い場合、皮脂の分泌量が多くなるため、頭皮の毛穴が詰まるリスクが高まります。また、無理なダイエットは、髪に必要な栄養も不足してしまう可能性があるため、はげの原因となる恐れがあります。

そのため、食べ過ぎや食べなさすぎを避けてタンパク質中心のバランスの取れた食事を意識しましょう。

上質な睡眠時間の確保

はげ対策には上質な睡眠時間の確保も重要です良質な睡眠は、髪の育成に必要な成長ホルモンの分泌に直結します

成長ホルモンは、髪の毛の主成分であるタンパク質の合成に必要です。入眠30分〜3時間の間に成長ホルモンが多く分泌されると言われているため、はげ対策のためにも3時間は良質な睡眠をとりましょう

良質な睡眠をとるコツは以下の通りです。

  • 起床時間を同じくらいにする
  • 就寝前の携帯やパソコンの使用は避ける
  • 寝具を自分に合ったものにする
  • 日中に適度な運動を取り入れる
  • 食事は就寝3時間前に済ませる

ライフスタイルによってすべてを取り入れるのは難しいため、できる範囲で取り入れてください。成長ホルモンが正常に分泌されると、自然にヘアサイクルが整い、良い頭皮環境を維持できるでしょう。

心身ともにストレスを発散

過度なストレスは、自律神経やホルモンバランスを乱し、はげの原因になるため、心身ともにストレスを発散できる環境を整えましょう。

ストレスが原因だと言われているはげは、次の3つです。

  • 円形脱毛症
  • びまんせい脱毛症
  • 分娩後脱毛症

これらの症状はストレスが原因で起こることもあるため、ストレス対策は必要です。運動や趣味など、自分なりのストレス発散法を把握しておくと良いでしょう。

頭皮の環境を改善

頭皮環境の見直しもはげ対策には効果的です。頭皮環境は、ストレスや食生活・間違った頭皮ケアなど、さまざまな理由で変化します。

そのため、正しい頭皮ケア(ヘアケア)がおすすめです。

洗浄力の強過ぎるシャンプーの使用や過度な洗髪は皮脂の分泌や乾燥を起こし、かえって頭皮環境を悪化させる恐れがあります。洗浄力の強すぎないシャンプーを使用し、頭皮を優しくマッサージするように洗髪をしましょう。シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しにも注意してください。

発毛剤や育毛剤の使用

発毛剤や育毛剤の使用もはげ対策になります。育毛剤と発毛剤の違いは以下の表にまとめました。

 

育毛剤

発毛剤

分類

医薬部外品

医薬品

効果

・元々ある毛の育毛
・頭皮環境の改善

・毛を新たに生やす
・薄毛治療

副作用

・頭皮発疹、かゆみ

・頭皮の発疹、かゆみ
・頭痛、めまい
・手足のむくみ

発毛成分

なし

ミノキシジル配合

発毛剤は、発毛を促進する効果が期待でき、育毛剤には頭皮環境の改善などのはげ予防に適しています。どちらも市販や通販で手に入るため、症状や原因を把握した上で使用しましょう。

 

【要チェック】はげになる3つの原因

はげになる原因は、主に以下の3つです。

  • 遺伝・・・・・・・・・・家族や親族に薄毛の人がいる
  • ストレスや生活習慣・・・髪の毛の成長を遅らせる
  • 男性ホルモン・・・・・・毛母細胞の働きが低下

それぞれ詳しく説明します。

遺伝

はげになる原因の一つは、家族や親戚の遺伝です。薄毛の遺伝は、特に母方の祖父から受け継ぎやすく、薄毛になりやすい傾向があります。

遺伝子を受け継ぐ「5αリダクターゼの活性度」が関係しており、男性ホルモンのテストステロンと結合し、薄毛に関わる「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生成されるからです。

また、DHTは男性ホルモン受容体と結合すると、毛母細胞を破壊するため、ヘアサイクルが乱れて抜け毛や薄毛に繋がる可能性があります。身内に薄毛の方がいる場合は、遺伝で薄毛になる可能性があるため、理解しておきましょう。

ストレスや生活習慣

ストレスや生活習慣の乱れが、自律神経やホルモンバランスを崩す原因となり、髪の成長を遅らせる場合もあります

自律神経やホルモンバランスが崩れると、血行不良を引き起こし、毛髪の成長に重要な毛母細胞に十分な栄養を届けられなくなります。

その結果、髪の毛の成長が遅れ、はげの原因となるため、ストレスや生活習慣の乱れは意識的に打開していきましょう

男性ホルモンの影響

男性ホルモンの影響で毛母細胞の働きが低下することもはげの原因の一つです。

毛母細胞とは、髪の毛の成長に重要な組織で、活発的な分裂により、髪の毛が成長していきます。男性ホルモンの「テストステロン」が体内の還元酵素である「5αリダクターゼ」と結合して「ジヒドロテストステロン(DHT)」を生成します。

ジヒドロテストステロンがヘアサイクルを乱し、毛母細胞の働きを低下させることが、薄毛の原因です。

 

しっかり治療したい方は、AGAクリニックへ

AGAとはAndrogenticAlopeciaの略で、「男性型脱毛症」を指します。AGAは、遺伝や男性ホルモンなどが原因でおこる進行性の脱毛症で、AGA専門のクリニックで治療を受けられます。

AGAは早期発見や早期治療が治療効果の重要なポイントです。ここからは、AGAの兆候や治療法を解説するため、ぜひ参考にしてください。

AGA(男性型脱毛症)の主な兆候

AGAは進行性の脱毛症のため、気づかないうちに徐々に進行している恐れがあります。

主な兆候は以下のとおりです。

  • 生え際や頭頂部が、薄くなってきた気がする
  • シャワー後の抜け毛が、増えた気がする
  • 枕に抜け毛が、つくようになった気がする
  • 髪の毛が、以前より細く柔らかくなった気がする
  • 全体的に髪のボリュームが、減った気がする

AGAは、生え際から頭頂部にかけて薄くなっていく特徴があります。

また、髪の毛が細くなり脱毛が徐々に増えていくため、全体の髪のボリュームが減ったと感じる方もいるでしょう。

徐々に進行していく脱毛症のため、髪の毛が「〜な気がする」と感じたら、専門クリニックへの早めの相談がおすすめです。

AGAの主な治療法

主なAGAの治療法は、投薬療法(内服薬・外用薬)や注入療法・自毛移植があります。

 

方法

価格相場

投薬療法
内服薬

薄毛の進行を抑制する薬と、発毛を促進する薬をどちらか、または片方を服用する方法

約3,000円〜1万5,000円

投薬療法
外用薬

主にミノキシジルが配合された外用薬を頭皮に塗布する方法

約1万円〜1万5,000円

注入療法

注射器などを用いて、薄毛が気になる部分に有効成分を直接注入する方法
「メソセラピー」や「HARG療法」とよばれる場合もある)

約2万円〜6万円

自毛移植

自身の髪の毛を、主に側頭部や後頭部などから薄毛の気になる部分へ移植する方法

約20万円〜100万円以上

AGAの治療で特に一般的なのは、投薬療法です近年、利用者が増加しているオンラインクリニックでの治療法は主に投薬療法が多くなっています

注入療法は、投薬治療と併用して使用するため、効果を早く感じることが期待できます自毛移植は、基本的に1回の施術で治療が完了するため、短期間でAGAを治療したい方におすすめです

クリニックによって扱っている治療法が異なるため、事前に治療法は確認しておきましょう。

 

「はげ」に関するよくある質問

若い人でもはげ(薄毛)の進行は抑えられる?

適切な対処をすれば、はげの進行を遅らせられる場合があります。まずは、生活習慣や食生活などを見直しましょう。

「AGA」の場合は早期予防や早期治療が大切です。そのため、AGAの症状があると感じた場合は、早めにクリニックへ相談してください。

生活習慣の改善だけではげは治る?

進行した薄毛や、AGAによるはげの場合は生活習慣の改善だけでは治りません。

ただし、薄毛予防や頭皮環境の改善には効果があるため、予防をしたい方はバランスの取れた食事や良質な睡眠を意識しましょう。

進行した症状が気になる方は、クリニックに相談してください。

まとめ

今回は、はげの原因や特徴、セルフ対策の方法を解説しました。

はげは原因や症状によって、セルフケアで進行を遅らせることが期待できます

また、セルフケアでは対処しきれない場合には、クリニックで治療する方法もあります。その場合も、正しいセルフケアを行えば、治療の効果をより高めやすくなるでしょう。

最近、髪が薄くなった気がすると感じる方は、この記事を参考に、自分に合うセルフケアから始めてください。

 

タイトルとURLをコピーしました