※本サイトの記事にはPR情報が含まれます。

【医師監修】つむじはげはAGA治療がおすすめ!薄毛になる原因や予防法も解説

薄毛や禿げで悩む方の多くがつむじ周辺にコンプレックスを抱えているのではないでしょうか?

いわゆる「つむじはげ」は、男女問わず加齢と共に進行する薄毛の形です。

この記事では、つむじはげの見極め方、原因、対策、予防についてまとめて解説しています。

遺伝的に心配な方、つむじの薄毛が気になりだした方に役立つ情報をお伝えするので、ぜひ最後までご覧ください。

  • ・当記事は記事作成時点での情報を基に掲載しております。
    キャンペーン及び料金内容は変更や終了する可能性が有りますので、最新情報は各機関公式サイトにてご確認ください。
  • ・掲載クリニックや医薬品・医薬部外品・化粧品について編集部による調査により独自に推薦させていただきました。
  • ・記事記載の効果効能や痛みには個人差があり保証するものではありません。
  • ・クリニック選定やまとめなどは編集部独自の視点で執筆しております。

自由診療治療につきましては健康保険などの公的医療保険が全く使えないため、治療費が高くなります。
また一部の自由診療については医療費控除の対象となる診療もございますがAGA治療においては容姿を美化し、容ぼうを変えるなどの目的要素が強いため医療費控除の対象外になります。

参考:確定申告の基礎知識(freee医療費控除ヘルプ)より

この記事の監修者

青山メディカルクリニック
院長 松澤 宗範

URL:https://amclinic.tokyo/

■診療科:再生医療、形成外科、美容外科、美容皮膚科

■経歴
2014年 近畿大学医学部 卒業
2014年 慶應義塾大学病院初期研修
2016年 慶應義塾大学病院形成外科入局
2016年 佐野厚生総合病院形成外科
2017年 横浜市立市民病院形成外科
2018年 埼玉医科総合医療センター形成外科・美容外科
2019年 銀座美容外科クリニック 新宿院院長
2020年 青山メディカルクリニック院長

■資格・所属学会
・国際抗老化再生医療学会
・日本抗加齢医学会
・日本形成外科学会
・日本性機能学会
・日本アンチエイジング外科学会
・日本細胞外小胞学会​
・日本がん免疫学会
・日本免疫治療学会
・日本NKT細胞標的治療研究会​
・点滴療法研究会
・遅延型フードアレルギーと過敏症研究会
・日本コロイドヨード研究会
・日本医学脱毛学会

 

この記事でわかること!

つむじはげを見分ける3つのポイント

つむじ禿げを見分けるポイントは、色、生え方、毛流れの3つ。

3つのポイントをチェックして、髪の状況を判断しましょう。

1.色:赤い or 茶色い

まずはつむじ周辺の頭皮の色をチェックしましょう。

正常なつむじは健康的な肌色ですが、つむじ禿げの場合赤みがあったり茶色っぽくなっていたりします

頭皮の色が肌色でない場合、炎症などが起きていることが考えられます。何度も炎症を繰り返している場合には、頭皮が茶色っぽく変色していることもあるので、最初にチェックしましょう。

つむじに髪が被っている方は、避けて地肌を見てみてください。

2.生え方:まばらで髪が細く短い

2つ目のポイントは、つむじ周辺の髪の生え方です。

つむじ禿げには、髪が細くなるという特徴が見られます。ハリやコシがなくなり、産毛に近い頼りない髪の生え方をしている場合、つむじ禿げの可能性が高いと言えるでしょう。

進行性の薄毛は、毛髪がどんどん弱くなり、見た目の薄毛も悪化していきます。

特に男性の場合、ヘアセットで立ち上げた髪が短時間で崩れてしまうなどの変化も見られるので、普段の生活でも髪の様子をよく見てみてください。

細く弱い髪は、頭皮環境の見直しで打開できる場合もあるので早めに対策を打ちましょう

3.毛流れ:毛流れがはっきりしていない

3つ目は毛流れです。

通常、つむじ周辺は渦のような流れに沿って綺麗に毛が生え揃っています。しかし、頭皮の健康状態が損なわれている禿げの状態では、毛流れが綺麗に整っていません

特に悪化しているつむじ禿げの場合は毛の生え方がバラバラで、いわゆる「禿げ散らかった」状態になってしまうことも。

毛流れに沿って均等に髪が生えていないと感じたら、つむじ禿げになっている可能性があるので要注意です。

また、生え方がまばらになった毛髪は寝癖が付きやすいという特徴もあるため、毎朝の寝癖にも注意しましょう。

頭頂部やつむじ付近の寝癖が強くなってきたと感じるときは、頭皮の色なども併せてチェックしてみてくださいね。

 

知っておこう!つむじはげの3つの原因

つむじ禿げには、主に3つの原因があります。

  1. 遺伝や体質
  2. 頭皮環境
  3. 髪の栄養不足

AGA(男性型脱毛症)|遺伝や体質による

1つ目は、AGA(男性型脱毛症)。遺伝や体質によって起こる薄毛なので、対策が難しいことが特徴です。

親族に髪が薄い方がいる場合、つむじ禿げから髪全体のボリュームダウンなどに進行することがあります。

遺伝や体質による薄毛は、多くの場合中高年で発症します。しかし、早い方では10代で発症することもあるので、長くコンプレックスを抱えることになる場合も。

10代や20代でつむじ禿げが気になりだした場合、遺伝によるAGAの可能性が高いでしょう。

間違ったヘアケア|頭皮環境を悪化させる

2つ目は、間違ったヘアケアによる頭皮環境の悪化です。

使っているシャンプーやコンディショナーなどのヘアケアアイテムが体質に合っていなかったり、すすぎが甘く洗い残しがあるなどによって頭皮が荒れている可能性があります。

また、洗髪時に爪を立てたり、力を入れて擦ったりしてしまっていると頭皮に傷がつき、頭皮環境の悪化に繋がります。

更に、熱いお湯を頭皮に当ててしまっている方も要注意です。38度くらいが適切な温度ですが、40度以上などの熱いお湯で洗っている場合は頭皮が乾燥しやすくなってしまいます

間違ったヘアケアを続けていると頭皮環境が乱れ、薄毛が進行してしまうため注意しましょう。

ストレスや生活習慣の乱れ|髪に栄養が届かない

3つ目は、ストレスや生活習慣の乱れによって髪に充分な栄養が届いていないことです。

健康的な髪には、充分な栄養を届けられる環境が不可欠。ストレスを溜め込んだり、乱れた生活習慣を続けたりしていると、頭皮の血行が悪くなったりホルモンバランスが崩れたりしてしまいます。

頭皮環境が悪化すると髪に充分な栄養を届けられず、細く弱い毛髪がすぐ抜けるという典型的な薄毛になってしまうため要注意です。

 

つむじはげの効果的な対策3選

つむじ禿げが疑わしいとき、効果的な対策を3つご紹介します。

  • AGA治療
  • 育毛剤の使用
  • 正しいヘアケア

症状や予算などによって自分に合った対策を選べるよう、ここでつむじ禿げ対策について覚えてしまいましょう。

AGA治療:医学的な根拠に基づいた治療

つむじ禿げの特に有用な手段として挙げられるのが、医学的根拠に基づいたAGA治療を受けることです

専門クリニックや皮膚科で受けられる治療で、医師のサポートの元薄毛や抜け毛の対策をおこないます。

クリニックでの処置の他、適切な薬の処方もしてくれるので、自己判断でのセルフケアよりも効果が見込めます

オンラインで治療できるクリニックも増えているので、人目が気になる方や忙しい方でも場所を問わず気軽にAGA治療を始められますよ。

育毛剤の使用:抜け毛を防ぎ頭皮を健康に保つ効果

2つ目は、手軽に取り入れられる市販の育毛剤を使うこと。

通販やドラッグストアで入手できる市販の育毛剤なら、デイリーケアとして簡単に取り入れられます。

育毛剤は発毛剤とは違い、健康的な毛髪を育てるサポートをする薬剤。弱くなってしまった毛を、強く太いものへ導きます。

成分や価格は様々ですが、継続できる予算で効果のあるものを選ぶのがコツです。

正しいヘアケア:頭皮環境の見直し

新たに何か対策アイテムを取り入れなくとも、日々のヘアケアを見直すことで効果が期待できる場合もあります

正しいヘアケアを覚えて、つむじ禿げの改善を目指しましょう。

  • 洗髪のお湯は36度~38度
  • 頭皮や髪に合ったヘアケアアイテムを使う
  • シャンプーは泡立てて使う
  • 指の腹で優しく洗う
  • 入念にすすぐ

また、直接的なヘアケア以外にも生活を見直すことで効果に繋がることも多くあります。

  • 栄養バランスを考えた食事をする
  • ミネラル、タンパク質、ビタミンを意識的に摂取する
  • 睡眠の質を上げる
  • 充分な睡眠時間を確保する
  • 飲酒と喫煙を控える
  • ストレスを発散する
  • 紫外線対策をする

一気に全てを意識するのは難しいですが、できそうなことから習慣化していけば頭皮環境は徐々に整っていきます。

気長に少しずつ取り入れてみてください。

 

つむじはげを予防する方法|日常生活を見直しが大切

つむじ禿げを予防するには、症状が進行する前に意識的に動くことが大切です。

日常生活を見直して、つむじ禿げを回避、またはなるべく進行させないようにしましょう。

ストレスを発散する

ストレスは育毛、発毛の大敵です。ストレスを溜め込みすぎている場合、薄毛や抜け毛が進行するリスクが高まるので注意してください

人間がストレスを感じた時に分泌するストレスホルモンは血管を収縮させ、血液循環の悪化を引き起こします。

血行不良によって体内の栄養や酸素の受け渡しが阻害されると、髪や頭皮にも充分な栄養が届かず薄毛が悪化してしまいます。

血行不良が続くと、どんどん髪が育ちにくい環境になっていくため、ストレスは溜め込まないことが重要です。

仕事や人間関係のストレスは適度に発散し、育毛と発毛がしやすい頭皮環境を作りましょう。

生活習慣を見直す

生活習慣を整えることで頭皮環境を整え、つむじ禿げを予防しやすくなります。

以下のポイントを抑えて、健康的で髪に優しい生活習慣を身に付けましょう。

POINT!
  • 栄養バランスを考えた食事
  • 適度に運動をする
  • しっかり睡眠をとる

食事は栄養バランスを考えつつ、タンパク質、ミネラル、ビタミンを意識して摂取しましょう。特にタンパク質は髪を作り出す成分なので、卵や豆などでしっかり取り入れてください。

また、血行促進のための軽い運動は日常的におこなうのがおすすめ。通勤や通学で多めに歩いたり、階段を使うなどを意識する程度でもOKです。寝る前のストレッチなども効果的ですよ。

寝る前にはカフェインを避けたり胃を落ち着けたりして、質の良い睡眠を心がけることも大切です。睡眠をしっかりとればストレス解消にも繋がるので、日々の睡眠時間や質を見直してみてください。

機会があれば、寝具を変えるのもおすすめです。

ヘアケアを入念に行う

入念なヘアケアは頭皮環境を改善し、発毛や育毛がしやすくなります

デイリーケアである洗髪を丁寧にするのはもちろん、その他にも様々な髪のケア方法があります。

  • 簡単な頭皮マッサージ
  • 育毛剤やヘアトニックを使う
  • 洗い流さないトリートメントを使う
  • 適度に湯シャンを取り入れる
  • 日焼け止めで紫外線から守る

頭皮マッサージや湯シャンならアイテムを購入せずとも始められますし、育毛剤、ヘアトニック、洗い流さないトリートメントなどは習慣化しやすいヘアケアアイテムです。

また、スプレータイプの日焼け止めは髪や頭皮にも使えるので、紫外線が強い時期だけでも取り入れてみてください。

 

つむじはげに関するよくある疑問

最後に、つむじ禿げに関する5つの疑問にお答えします。

つむじはげの初期症状は?

つむじ禿げは突然つむじ周辺の髪がなくなる症状ではなく、最初は「毛が薄い気がするかも?」という程度で始まります。

具体的な初期症状としては、光が当たると地肌が透けたり、つむじ周辺の髪が弱々しくなったり、つむじの皮膚が炎症を起こして赤くなっていたりといったものが挙げられます。

男女ともにつむじ禿げになるリスクはあり、初期症状にも大きな差異はありません。

ただし、頭皮が赤くなって炎症を起こしていることが疑わしい場合には、薄毛対策だけでなく皮膚炎に対する治療も同時におこなう必要があります。

つむじ禿げの初期症状では、毛が減るだけでなく皮膚の状態までチェックすることが重要ですよ。

なぜつむじからはげる?

つむじが禿げやすいのは、薄毛を引き起こす5αリダクターゼの量が多いことが理由です。

テストステロンと5αリダクターゼが結合してできるDHTは、毛乳頭にある男性ホルモン受容体と結合して脱毛因子を増加させる働きをします。

5αリダクターゼは生え際や頭頂部に多く存在するため、薄毛も同じ部分から発症しやすいのです。

つむじ禿げは「O字型」と言われますが、他には「M字型」「U字型」といった形があります。

O字型の薄毛は頭頂部から進行しますが、形のタイプを問わず最終的には脱毛因子が生成されづらい側頭部と後頭部の髪だけが残る結果になります。

抜け毛は何の栄養不足?

抜け毛は主にタンパク質、ビタミン、亜鉛などの不足によって悪化します。

発毛や育毛に必要な栄養素、役割、摂取するためにおすすめの食材は以下の通りです。

栄養素

役割

おすすめの食材

タンパク質

髪の毛の生成

肉、魚、大豆類、ナッツ類

ビタミンB2

代謝のサポート

レバー

ビタミンB6

ナッツ類

ビタミンC

抗酸化作用による頭皮の保護

果物全般

ビタミンE

血行促進

ナッツ類、しそ、ほうれん草、豆乳

亜鉛、ミネラル

ケラチンの合成をサポート

肉、魚、ナッツ類

食事全体のバランスを取りつつ、薄毛予防に必要な栄養素をしっかり摂取することが理想です。

ただし、脂質の多い物の食べすぎには要注意。頭皮の皮脂分泌量が増えすぎるリスクがあります。

AGAの判断は?

AGAの判断はクリニック受診が間違いないですが、セルフチェックでもある程度判断できる場合もあります

実際のところ、AGAには髪の毛の太さや量などについて明確な判断基準が設けられていません。

クリニックでは、医師が問診や視診をもとに判断しているのが現状です。

セルフチェックでは、クリニックなど専門性の高いサイトのチェックリストを参照したり、診断キットを使用したりする方法があります。

クリニック受診の前に、セルフチェックでAGAかどうかある程度の判断が可能な場合もあります

薄毛の見分け方は?

薄毛は、以下のチェックポイントを抑えて観察することで見分けることができます。

  • 抜け毛が増えた
  • 髪質が細く弱くなった
  • おでこが後退した・前髪が薄くなった
  • つむじの皮膚が見えている
  • 頭皮の痒みが続いている
  • フケが出る
  • ヘアセットがしづらくなった・すぐに崩れる

つむじ禿げに関しては、鏡に向くだけでは見えないので手鏡などを活用して観察してみてください。

 

薄毛に悩むならAGAクリニックへ相談しよう

つむじ禿げは気付きにくいため、発見が遅れがちな薄毛症状の1つです。

対処が早いに越したことはありませんが、セルフケアだけでは手に負えないと思ったら、すぐに専門のAGAクリニックで診てもらいましょう

プロに相談しサポートを受けることで、リスクが小さく効果的なAGA治療が行えます。また、症状や体質に合った薬の処方もしてもらえるので、薄毛の悩みが深刻化する前にクリニックを利用することも視野に入れておいてくださいね。

 

まとめ

薄毛の典型的な形の1つであるつむじ禿げ。

つむじ周辺の毛が薄くなってきたと感じたら、頭皮の色、毛質、毛流れをチェックして、薄毛の進行具合や症状を確認してください。

つむじ禿げは遺伝や体質によるもの、頭皮環境の悪化によるもの、栄養不足によるものなどがあります。

生活改善やクリニックでの治療などで薄毛は改善できるので、まずはセルフケアから初めて見るのがおすすめ。もちろん、クリニックを利用できれば尚良しです

薄毛対策や予防には自分でできるものも多くありますが、深刻化する前にAGAクリニックを受診するのがおススメです

最近ではオンラインで診療を受けたり薬の処方をしてもらったりできるクリニックも増えているので、人目を気にせず治療を始められます。

つむじ禿げが気になり出したら、早めにセルフケアやAGA治療などの対策を講じましょう。

タイトルとURLをコピーしました